中途採用は離職率が高いって本当?

私は現在、都内にある中小企業で働いています。大学在学中に就職活動をしていた際、本当は大企業に入りたかったのですが、当時は新卒の採用を各会社とも抑制している時期ということもあり、望んだ内定が取れなかったのです。そこから7年が経過し、私も今の会社で頑張ってきたことが認められて中堅社員と呼ばれるようにはなりましたが、やはり「大企業で働きたい」という気持ちは根強く残っている状態です。今後のライフプランにも関係してくるため、可能であれば今からでも転職したいと思っていますが、一つ気になっていることがあるのです。

定年制職員の採用 - 採用情報 | NIMS

それは、転職の際によく言われている「中途採用は離職率が高めである」ということ。採用側では「採用ミスマッチ」とも言われているようですが、要するに「中途で転職しても、思ったような労働環境で働くことが出来ず、結局一年ほどで再転職してしまう」傾向がある様子です。

株式会社ブレインパッド | 新卒・中途採用

転職活動の際は、入りたいと思う企業と面接をしてから採用という流れになりますが、どうもこの段階で「仕事内容の説明不足」や「認識の違い」が発生してしまい、採用した会社にも、職を変わった者にも不都合が出てしまうというものですが、私はこれが怖いと感じています。


私の場合、今の会社ではそこそこの評価を得ています。これがもし、先に挙げたような転職ミスマッチなどが発生し、転職した先で評価を落としてしまったらと考えると、なかなか踏み切ることが出来ません。
「職を変えて、評価が下がる=給与が下がるくらいなら、いっそ今の会社に居続ける方が良いのではないか」という気持ちもあり、今後どうしたものか悩んでいるのです。

コメントを残す